日振島  能登のハマツユクサ

 日振島(下の地図で2’は宇和島の沖にあり戸島()に隣接しています。日振島と戸島のツユクサの情報は橋越様に頂きました。ありがとうございました。

日振島の能登の数か所でハマツユクサを採集しました(2013年7月)。

 

 

日振島 能登港

港内には、いけすが多い

能登港 人影もほとんどない昼下がり 探し始めてすぐにハマツユクサを発見

ハマツユクサの花

苞葉に柔らかな毛が生えている

島の西側に抜ける道(山と山の間) 山の間に石を組んだ堤防がある

堤防から見下ろす島の西側の海岸

港内に比べ波が荒く、白波が立つ

堤防付近の石の間に生えているハマツユクサ X字型おしべの葯には花粉が見られる(

佐田岬半島の井野浦のハマツユクサに似ている

苞葉: 表面、縁に毛が生えている 葉の表面: やわらかい毛が生えている 葉の裏面: 表面と同じくらい毛が生えている

葉鞘に毛が生えている 種子: 1果実に1個の種子の場合が多く見ら

れた=種子が大きい

果皮から出ない種子(1個入っている)も見られた

これは戸島のハマツユクサでも見られた

能登のハマツユクサの染色体

    2n = 50

  2n = 50

染色体数は佐田岬半島、戸島、角島のハマツユクサと同じ2n=50でした。

トップ