コクリオステマ オドラティシマム 3 花の構造(2)

 

 花の構造については花の構造(1)で、おしべの葯隔の形(袋状)を手のひらを合わせた形に例えて述べました。

このページには、おしべ3個がおしべの葯隔の内側壁に短い柄で付いている部分の画像を載せました。葯は柄を中心に

左右に4巻きずつのラセン形をしていますが、3巻きずつや片側のみのものも見られました。

草姿の1部 花: めしべ  仮おしべ2本  おしべ(中に葯が

入っている)

2本の仮おしべ(めしべの両側に付いている)

仮おしべの毛の中に花糸の細い先端が見える 花弁とがくをはずした 袋状の葯隔: 花糸?(この裏側に葯が付く)

たわしのような形(この裏側に葯が付く)

葯隔の先端。黄色い毛が花糸に付いている

葯隔を反対側から見た 内側を見るために葯隔を裂いた 葯は左右の花糸と中央のたわし状物に付いて

いる

反対側から見た: 一方の花糸に片側3巻きのラセン状

葯が付いていた

他方の花糸に左右3巻ずつの葯が付いていた 中央のたわし状物の裏側に左右4巻ずつの

ラセン状葯が付いていた

コクリオステマ1  コクリオステマ2  トップ