タイ、ロスアンジェルス、九島産のマルバツユクサ

 マルバツユクサは葉に丸みがあり、縁が波打っています。熱帯アジアが原産国だそうでが世界中かなり広い範囲で見られます。愛媛県でも南部の海岸付近

にまで探しに行きましたが、いまは愛媛県のどこでも見られるようになってきています。

 ここではタイのマルバツユクサ(採集地:Nakorn Nayok 山東氏より)とロスアンジェルスのマルバツユクサ(佐藤氏より)を愛媛県宇和島市の九島で採集し、

マルバツユクサと比較してみました。

タイのマルバツユクサ 九島のマルバツユクサ ロスアンジェルスのマルバツユクサ

葉は互生し、葉の基部は茎を抱いて葉鞘になる。 節で分枝して1株でも葉や苞葉を多数つける。 草姿はタイや九島のマルバツユクサと変わらない。

苞葉は基部が合着してロート状。

図中の直立花茎は花が咲くとき

立ち上がり雄花が咲く。右側の

花は両性花。

直立花茎()。雄花が咲いている。

右側の花は両性花。

直立花茎の雄花。 

両性花 X:X字型仮おしべ ∧:逆V字型おしべ

O:O字型おしべ    めしべ

両性花  花径はタイ産とほぼ同じ。 両性花 花径がタイ、九島に比べ大きい(約4倍)。

X字型仮おしべも大きい。

直立花茎に短い毛が見える。 直立花茎の毛はタイよりやや長くて、多い。 花茎の毛は短い。

 

苞葉の縁は合着しロート状。毛が生えている。

 

苞葉(ロート状)の毛はタイに比べ量が多い

 

苞葉(ロート状)の毛はタイ、九島に比べ短い。

葉の表面:毛が生えている。

所々に長く太い毛が有る。

タイのマルバツユクサよりやや長い毛がある。

所々に長く太い毛が有る。

毛は生えているが量が少ない。

所々に長い毛が有る。

葉の裏面:毛が生えている。 毛が生えている。

タイのマルバツユクサよりやや長い。

毛が生えている。

毛の量はタイ、九島にくらべ少ない。

葉鞘に短い毛が生えている。 葉鞘に長い毛が生えている。 葉鞘に短い毛が生えている。

茎にはほとんど毛が生えていない。 茎に毛が生えている。 茎にはほとんど毛が生えていない。

地下茎はみえない。

匍匐茎(地表すれすれに延びる茎)の先に苞葉が

ついている()。

根の間に地下茎がみえる。地下茎に苞葉が付いている

(地下なので葉緑体は出来ず白い)。

 

地下茎はできなかった。

地面からはなれた所の節から根のようなものが

生えている。地に接していたら地下茎になるのか?

根と地下茎は同じ節から出ているように見える。

地下茎の苞葉には閉鎖花がつき果実ができる。

1年後の観察でも地下茎はできてない。

4個の種子と果皮内に1個の種子が入っている。

1果実に計5個の種子ができる。

4個の種子と果皮内に1個の種子。1果実に5個の種子

ができる。

1果実に3個の種子ができていた。ベージュ色の種子は未熟な

種子。果皮の中に1個の種子がある。

 

九島のマルバツユクサの気孔。
タイのマルバツユクサの気孔。 九島のマルバツユクサの気孔。
ロスアンジェルスのマルバツユクサの気孔。

 

 

種子と花の比較

種子の比較 左からタイ、九島、

ロスアンジェルスのマルバツユクサ

ロスアンジェルスのマルバツユクサの種子は大きい。

花径の比較 左:九島のマルバツユクサ

         右:ロスアンジェルスのマルバツユクサ

ロスアンジェルスのマルバツユクサの花径は九島の4倍以上に見える。

 

九島とロスアンジェルスのマルバツユクサの染色体数の比較

 

九島のマルバツユクサの染色体数  2n=22                       2n =22                         2n=22
ロスアンジェルスのマルバツユクサの染色体数

          2n≒66

                      2n≒66                                 2n≒66

マルバツユクサの染色体数が2n=22であることは多数報告されています。ロスアンジェルスのマルバツユクサは2n≒66なので6倍体であるといえそうです。

 

まとめてみると草姿は似ているが、花の大きさはロスアンジェルスのマルバツユクサが4倍ぐらい大きい。触感では九島のマルバツユクサがざらざらしていて、

毛の量では九島>>タイ>ロスアンジェルスとなり、種子の大きさでは九島=タイ<<ロスアンジェルスとなり、気孔の大きさは九島=タイ<ロスアンジェルス

となります。染色体数についてはタイのマルバツユクサでは調査できませんでしたが、九島のマルバツユクサでは2n=22、ロスアンジェルスのマルバツユクサ

では2n=66であることがわかりました。

 

トップ