道端などでよく見るツユクサは1種類ではない?

 

 分類学上はCommelina communisという1種なのですが、総苞(苞葉)に毛が有るか無いかとか葉に毛が生えているかいないかなどで、

種より下の変種レベルで区別しています。杉本順一(日本草本植物総検索誌U 単子葉編 昭和57年)によれば、ツユクサ(狭義)は

葉裏は無毛、総苞外面は無毛または殆無毛。ケツユクサ(ヒメオニツユクサ)は総苞外面は細毛あり。オニツユクサは葉裏は有毛。葉裏と

総苞は緑色、とあります。このHPでは以上の記載を参考にして、苞葉にも葉の両面にも毛が無いか、殆ど無いものをツユクサ(狭義)、苞葉

に毛が有り、葉の両面に毛が無いか殆ど無いものをケツユクサ、葉の裏側に主として毛が有り(表側に少し有るものも含む)、苞葉にも毛が

有るものをオニツユクサとして扱っています。また杉本順一の記載にはありませんが、苞葉に毛が有り、葉の両面に、オニツユクサの毛より

やや長めの柔らかな毛が密に生えているものをハマツユクサ(仮名)と呼んでいます。ツユクサは平地や山の道端、田畑、海岸など広い範囲で

見かけます。ケツユクサは山地の田畑、林の道はし、渓谷など主として内陸部に見かけます。オニツユクサ、ハマツユクサは海岸部で見かけました。

トップ