井内のケツユクサ

 愛媛県東温市井内の田圃の縁に生えています。ケツユクサが生えている田は標高約500mにあり、気温は平地に比べ低めです。井内のケツユクサに限らず、

ケツユクサは苞葉に毛の生えていないツユクサより花の咲き始める時期が1〜2か月遅いです。この遅れはケツユクサを平地の庭で育てても同様に観察されます。

 下に井内のケツユクサとこの時期に田や畑の縁に生えてえいた草花を紹介します。

 

山の斜面に作られた田圃 ケツユクサの生えている田 田の縁に群れて咲くケツユクサ

(2013年9月14日)

井内ケツユクサの花

花弁は濃い青色、苞葉に毛が有る

畑の縁:花弁の色にグラデーション(花弁の下

の方が紫色)のあるケツユクサ

別の畑の縁の白花のツユクサ

白花のツユクサの群れの中に、1つの苞葉に色違い

の2個の花が咲いているものがあった

苞葉に毛が生えていないツユクサだが、X字型

仮おしべがキノコ形のツユクサ

田の中や縁の花1:イボクサ

田の縁の花2:ゲンノショウコ 田の縁の花3:ヤブラン 田の縁の花4:ミゾカクシ

田の縁の花5:ヒガンバナ 田の縁の花6:クルマバナ 田の縁の花7:ヤブツルアズキ

 

 

ケツユクサ

 数年前友人に種子を分けてもらいました。かすかに薄墨を溶かし込んだような薄紫色の花弁の色が美しいケツユクサです。X字型仮おしべが馬蹄型

です。葉の幅がせまくほっそりとした草姿も優雅です。

ほっそりとした草姿 渋みのある薄紫色の花 X字型仮おしべは馬蹄形をしている

トップ