佐田岬半島のハマツユクサ

 ハマツユクサ’の採集地や花の形について書く前に、ツユクサの花の咲き方について少し復習してみます。

ツユクサの花は6〜9月ごろに茎の先端あたりに出てくる苞葉の中から咲き出ます。ツユクサが成長するにつれ

茎は伸び、また分枝して、その先につぎつぎと苞葉をつけて花をつけます。その苞葉の中には2本の花柄が

あります。1本は直立し、もう1本は斜め横になっています。普通直立した花柄には花は付かず、花柄は細く

退化しています。まれにに直立した花柄に花が咲きますが、ほとんどの場合めしべが無い雄花です。横に

なった花柄には2〜3個のつぼみが巻いたように付きます(さそり形花序)、成熟したつぼみから数日おきに順次

咲きます。花は午前中ぐらいの間、開いていますがその後しぼんでしまいます。しぼんだ花は後ろ側にのけぞる

ように湾曲し、受精していれば果実になります。 最初に咲く花はほとんどの場合両性花なので実を結びます。

2番目、3番目に咲く花が両性花だと結実しますが、ツユクサの系統かまたは育っている環境によって、めしべ

が退化した雄花になる事が多いです。雄花は受精しませんので、花はやがて枯れ落ちてしまいます。

 

 次にツユクサの花が苞葉の中でどのように付いているか見てみます。

ツユクサの苞葉の中

苞葉から咲き出たハマツユクサの花。 

(花やつぼみを保護している2つ折の葉を

苞葉といいます。 ハマツユクサはここに

毛が生えています。)

 

苞葉の手前側を切り取ったもの。

1:直立した花柄 2:横になった花柄

3:果実 4:花    1は退化していて

花は付いていません。普通このタイプが

ほとんどです。

苞葉から咲き出たツユクサの花。

(苞葉には毛は生えていません。)

 

 

1:直立した花柄 2:横になった花柄

4:花  5:大小2個のつぼみ

1は退化していて、先端に咲かずに枯れた

つぼみが残って付いているのが見える。

1:直立した花柄  直立した花柄に花が

咲いたが、雄花だったので実を結ばず枯

れている。いずれ落ちてしまう。

1:直立した花柄 2:横になった花柄

3:果実 5:つぼみ。茶色に変色している

ので、咲かないで枯れてしまうと思われる。

 

 今回’ハマツユクサ’に出会った海岸を次に示しました。採集地をと番号で表しました。

’ハマツユクサ’の愛媛県佐田岬半島での採集地

 地図に書き込みました@〜Dの5箇所で’ハマツユクサ’を採集しました。この場所以外でも

数箇所で試みましたが、護岸工事により環境が変わってしまったり、逆に人が近づけない環境だったり

で、見つけることが出来ませんでした。

 

ACの間の直線距離は約14kmぐらいです。

各採集地の’ハマツユクサ’の花の形

採集地 正面から見た花 斜めから見た花
井野浦 1

   @

井野浦 2

     @

佐田岬 岩場

      A

佐田岬漁港

      A 

神崎漁港

      B

三机

      C

三机須賀公園

      C

塩成(しおなし)海岸

      D

各採集地の’ハマツユクサ’の花は@の井野浦以外は互いに似ています。

 上の写真にも見られるように@の井野浦 1のハマツユクサには直立した花柄に雄花が咲いているのがしば

しば見られました。他の採集地のハマツユクサでは直立した花柄に花が咲いているのは見られず、むしろ直立

した花柄は細く小さいです。@の井野浦 2の花は苞葉に1個の花が見られますが、の先は直立した花柄の

先端です。この先端を拡大したものが右側にありますが、その先端面には下から養分が送られてきた痕があり

ます。ここには雄花が咲いていたということです。@の井野浦のハマツユクサでは花が咲き終わった苞葉にも

このように太くてしっかりした直立花柄がよく見られました。また青い2枚の花弁も他の採集地の個体に比べ

やや丸く見えます。他の採集地のものと最もはっきりした違いはX字型おしべの形です。 次に@の井野浦の

ハマツユクサのX字型おしべと他の採集地のX字型おしべを示しました。

X字型おしべの形

 井野浦のハマツユクサのX字型おしべ

 ツユクサには3本のX字型おしべがあります。@の井野浦のハマツユクサの8個の花からX字型おしべを

ピンセットではずし、実体顕微鏡20倍で観察しました。 以下の9枚の画像うち8枚はX字型おしべで、

最後の1枚は逆V字型おしべの表側と裏側の画像です。

これらのX字型おしべの形はきのこ形と言えそうですが、花ごとに違い不安定です。3本あるX字型

おしべのうち中央のものの形が両脇のおしべと少し違っているようです。ツユクサではX字型おしべには

ほとんど花粉が見られませんが、これらのハマツユクサでは逆V字型おしべの半分ぐらいの量の花粉

らしいものが見られます。

 また次の画像から分かるように両脇のX字型おしべの位置が逆V字型おしべに非常に近いので

逆V字型おしべが3本あるようにも見えます。

余談(あくまでも勝手な想像)

ほかのツユクサの仲間(シマツユクサなど)で3本あるX字型おしべのうち中央のおしべが退化して無くなる事が

見られることから、「もともとツユクサのおしべは2本のO字型と4本の逆V字型だったのが逆V字型のうち、

まず1本が花粉をなくしX字型に変化し、その後2本の逆V字型もX字型に変わっていった。そして更に、はじめに

X字型に変わったおしべから、存在する意味を失って(花粉を作らない飾り物なので)消えていく・・・」などと想像が

かき立てられます。となれば、「’ハマツユクサ’は原始的なツユクサなのかもしれない」 と想像はふくらんでいき

ます。

その他の採集地のハマツユクサのX字型おしべ

 さて他の採集地のX字型おしべの形は非常に安定したきのこ形です。きのこの傘のまるいものとややとがって

いるものが見られました。

  'ハマツユクサ’の各採集地にはツユクサ(Commelina communis)が同所的に見られましたが、両者の中間型

は見られませんでした。 葉に関しては、’ハマツユクサ’には微細な毛が表裏にびっしり生えています。外見

ではツユクサと見分けがつきませんが触ってみると、なめらかな感触がします。それに比べツユクサの葉には

ザラザラ感があります。

 次に’ハマツユクサ’とツユクサを比較し、まとめてみました。

’ハマツユクサ’とツユクサの比較

左:ハマツユクサ         右:ツユクサ(カンガルー形
  ハマツユクサ ツユクサ
葉  表側

短毛がびっしり生えている。

毛は無い。 高倍率で見るとざら

ついている。(ザラザラ感の原因だろうか)

葉  裏側

苞葉の内側

毛は生えていない

 

おしべの位置

 

O字型おしべの花糸の長さは短く、@の井野浦

のハマツユクサ(左)ではX字型、逆V字型おしべは

近い位置にある。その他の採集地のもの(右)では

逆V字型おしべはXとO字型の中間にある。

O字型おしべの花糸は長く下垂し、X、逆V、O

字型おしべは互いに離れた位置にある。

右:X字型おしべは蝶形

花弁

小さい花弁

小さい花弁はツユクサに比べ細い。

の先が小さい花弁 両脇はガク。

ガク

下垂しているめしべも一緒に写した。

めしべ

花柱は子房からほぼ真っ直ぐに出ているので

下垂しない。

花柱は長く、子房から湾曲して出ているので

下垂する。

トップ