愛媛県井野浦のハマツユクサ(仮名)

 ハマナデシコやハマボッスなどが生えている磯に生えているツユクサがあります。普通に道の端などに

生えているツユクサ(Commelina communis)と似ているのですが、花の形が少し違うこと( めしべやおしべ

の花糸の長さが短めなど、このホームページでコアラ形とよんでいる花に似ています)、葉鞘、葉の表裏、

苞葉の外側に白い軟毛が生えているという特徴があります。今までの調査では海岸にだけ見られましたので、

仮に'ハマツユクサ'と呼ぶことにしました。 まだ分布の調査を始めたばかりですが、護岸工事をした海岸には

見られません。自然のままの海岸は少なくなってきています。将来ハマツユクサが絶滅してしまう、などということが

起こらないよう強く願っています。

クズやヨシなどが生えていない海岸。

(2009年7月22日撮影  この日は皆既日食

の日でした。)

ハマツユクサはハマナデシコやハマボッス

などのそばに生えていました。

 

花弁の付け根が白く、おしべやめしべが

下ではなく前に突き出している(コアラ形

ツユクサと同じ)。 花弁は丸い。

字型おしべもきのこ型に近い。

苞葉の内側に短い毛が見える。    

苞葉の内側。 短い毛が生えている。

 

苞葉の外側にやや長い毛が生えている。

葉の基部(葉鞘の縁)にも毛が生えている。

葉の表に毛がびっしり生えている。 葉の裏側にも毛が生えている。 別の海岸 愛媛県三机に生えていたハマツユクサ

トップ