ハマツユクサ、オニツユクサ、ケツユクサの染色体数

 人工交配で一代目の雑種ができるハマツユクサ、オニツユクサ、ケツユクサは遺伝的に近いと言えますが、染色体の数

に違いがあるのでしょうか。染色体の専門家のご指導をいただく好機に巡り合えましたので、上述の3種類のツユクサの

根端細胞を観察しました。藤島弘純先生ご指導をありがとうございました。まだまだ技術も未熟ですし資料の数も少ない

ですが、観察結果を下に示しました。

ハマツユクサ

戸島ハマツユクサ  

左の染色体から核型を推定してみました

 染色体数

  2n = 50

角島ハマツユクサ   2n = 50
三机ハマツユクサ   2n = 50
井野浦ハマツユクサ   2n = 50  

オニツユクサ

藍島オニツユクサ      2n =  44
松江オニツユクサ       2n = 44
川尻岬オニツユクサ     2 n = 44
汐入海岸オニツユクサ      2 n = 44

ケツユクサ

井内ケツユクサ    2 n = 46

   2 n = 44

                                              

ケツユクサ     2n = 44

 ハマツユクサの染色体数は2n=50、オニツユクサは2n=44, ケツユクサは2n=46と2n=44があります。

トップ